自閉症・発達障害のある方を支援する福祉施設を大阪・高槻で運営

メニュー
閉じる

年度方針

平成31年度社会福祉法人北摂杉の子会年度方針

1. 第4次5か年中期計画の確実な遂行

(1) 以下の今年度新規事業の着実な実施
  ① レジデンスなさはらもとまちの運営
  ② 豊中市あゆみ学園(個別療育、一時保育)の運営
  ③ 杉の子訪問看護ステーションの開設と運営
(2)ジョブサイトひむろの移転整備、十三地区グループホームの整備を進める。
(3)萩の杜利用者の高齢・重度化に対する長期計画作成の検討を行う。
(4)就労継続支援事業B型の工賃向上の取り組みを引き続き行うとともに、事業の在り
方の検討を行う。
(5) 中期計画の見直しを行う。


2. 人材(財)確保と育成に組織を挙げて注力する

(1) 非常勤職員確保に注力する。
(2) 女性管理職の積極的な登用と女性管理職が安心して働くことのできる労働環境を整える。
(3) 引き続き人材確保に注力する。


3. 利用者に対する権利擁護と意思決定支援の取り組みを進める

(1) 意思決定支援、表現性コミュニケーション支援の実践を積み上げる。


4. 権利擁護・虐待防止の取り組みを進めるとともにその情報発信を行う。安定した法人経営のための収益の確保

(1)収支予算計画作成及び収支予算の進捗管理の精度を高める。
(2) 利用率の維持と向上、業務の効率化と経費削減の取り組みを行う。
(3) 施設整備計画の確実な実施に向けての資金確保と資金計画の進捗管理を確実に進める。


5. 法人の社会的責任

 社会の公器としてある社会福祉法人の自覚に基づいて、地域社会における障害のある人たちとその家族のニーズに応え、支援サービスの提供を行うとともに社会貢献活動の推進、法令順守に努め、透明性の高い法人運営を更に進める。

 

 

資料年度方針の策定にあたって(PDF)