自閉症・発達障害のある方を支援する福祉施設を大阪・高槻で運営

メニュー
閉じる

高槻地域生活総合支援センターぷれいすBe生活介護・就労継続支援B型・短期入所・日中一時支援

ご案内

高槻地域生活総合支援センターぷれいすBeは、障害のある方のための多機能サービス施設として、2009年4月に事業を開始しました。障害者自立支援法の生活介護、就労継続支援B型、短期入所・日中一時支援および相談支援の計4事業を提供しています。 通所利用者定員は60名(生活介護40名・就労継続支援B型20名)、短期入所・日中一時支援利用者定員は10名となっており、知的・精神・身体の3障害の方を対象にしたサービスとなります。通所事業及び相談支援事業は18歳以上の方が対象ですが、短期入所・日中一時支援事業は児童のご利用も可能です。

概要

名 称
高槻地域生活総合支援センター ぷれいすBe
定 員
通所利用 60名/短期入所 10名
所在地
高槻市郡家本町5-2
TEL
(072)681-4700(代表)/(072)681-4720(短期入所専用)
FAX
(072)681-4900
アクセス
JR摂津富田駅前より高槻市営バス①乗り場
南平台・奈佐原行き「二中西」停下車

特色

法人としては初めて重度の肢体不自由、また重症心身障害のある方に対してサービスを提供させていただいています。これらの障害をもつ方については、従来からサービスの不足が課題であり、とくに医療的なケアを必要とされる方々にとってはその問題がより一層深刻です。こうした状況に対応するため、複数名の看護師を配置して医療的ケアを実施しています。また作業療法士や理学療法士も配置し、ケア体制の充実に取り組んでいます。

生活介護事業

利用者の皆さんの生活がより充実したものとなることを目指して、生活の場にふさわしい日中活動を提供します。この事業は、大きく分けると知的障害・発達障害のグループと肢体不自由・重症心身障害の2つのグループに分かれており、それぞれの障害特性に応じた活動をしています。

就労継続B型事業

ぷれいすBeの職員が福祉的なサポートを行いながら、利用される方が継続的に働ける場を提供していきます。具体的な作業内容として、現在は業務用リネンのクリーニング、企業等からの受注作業、建物内のレストランを地域開放してCafeBeとして運営に関連する業務があります。

短期入所・日中一時支援事業

普段はご家族等と一緒に地域で生活されている方の日中あるいは宿泊をともなう一時的な滞在を支援します。居室は全部で10室あり、専用のリビングルーム、浴室などを含めた独自の空間を設けています。

日中一時支援・短期入所に関するお問合せは、短期入所専用番号(TEL(072)681-4720)へご連絡ください。

名称の由来について

「ぷれいす」は英語で「場所」を意味するplaceをひらがなに直したものです。Beは同じく英語で「ある、いる」といった存在を表します。このふたつの言葉を組み合わせることで、ここが「あなたがいる場所、あなたがあるがままで受け入れられる場所」になるようにという願いを込めています。

 

カフェBe 内装