Home
法人のご案内
各施設のご案内
松上利男の一言
お知らせ
プロジェクト
イベント・講座案内
採用情報
ボランティア募集
機関誌
リンク集
update情報
お問い合わせ
よどのコロッケ
カフェBe
テミマ
HOME



先輩の声

高岡 矩子 TAKAOKA, Noriko 所属/ジョブジョイントおおさかーたかつきブランチ
大学での専攻/福祉社会学部福祉社会学科
資格/社会福祉士

 『障がいのある方が一般企業で働けるように支援する』。そのような支援があるということを、私は入職するまで知りませんでした。ジョブサイトひむろの就労支援に配属が決まった時に、大学で使っていたテキストを見返してみると、分厚いテキストの中の1ページに、確かに就労支援に関する記載がありました。そんな私が4年間就労支援に携わらせていただいた中で感じることは、『就労支援はたった1ページではおさまりきらない、奥が深い支援だ』ということです。
 就労支援の実際の業務としては、講座や作業活動などの施設内プログラムの実施から、企業での実習支援、面接同行などの就職活動支援、就職後も安定して働き続けるための支援など、多岐に渡ります。企業で働く時は、当然ながら、障がいのある方も自立して働かなくてはなりません。自分でできる力を伸ばしていくためにはどのような働きかけが必要か?支援者の立ち位置は?どのような支援ツールがあれば、働く上での手がかりとなるか?就労支援の全てのプロセスにおいて、“支援者がいなくても、一人でできること”を念頭に入れた支援が必要となります。
 就労支援では、ご本人だけでなく、企業に対しても支援を行うことが特徴的です。受け入れる側の企業の視点も意識し、安心して障がい者雇用を進められるよう、障がい特性を説明したり、必要な支援ツールや環境設定の提案をさせていただくなど、お互いにとって、働きやすい環境となるように調整していきます。時に、支援者が実際に仕事を体験して、仕事の手順や難易度、必要な配慮などを確認し、障がいのある方に合わせて業務を組み立てることもあります。職場の理解を得て、支援者がいなくても職場の方から必要なサポートをしていただけるような関係を築くことも大切な仕事です。
 一般企業で働いたことのない私が、企業の支援をすることに難しさを感じることはたくさんあります。障がいのある方も企業も千差万別で、どのような働き方がご本人に合っているのか、悩むことも多くあります。しかし、試行錯誤しながらも、障がいのある方と企業をつなぐ支援を行っていく中で、障がいのある方でも本当に企業から必要とされ、企業の一員としていきいきと働いておられる姿を間近で見ることができると、私自身も励まされ、働く力をもらえます。
ジョブサイトひむろ 何もわからないまま始めた就労支援ですが、どんな障がいのある方でも地域や社会の中で生きていくべきだということ、支援者は障がいのある方と社会をつなぐ役割を担っているのだということを実感として持つことができているのは、就労支援に携わることができたからだと思っています。これから福祉の道に進もうと思っているあなたと、一緒に働くことができる日を楽しみにしています。



Copyright (C) 2013 Hokusetsu suginokokai, All rights reserved.