Home
法人のご案内
各施設のご案内
松上利男の一言
お知らせ
プロジェクト
イベント・講座案内
採用情報
ボランティア募集
機関誌
リンク集
update情報
お問い合わせ
よどのコロッケ
カフェBe
テミマ
HOME



先輩の声

水口 真奈 MIZUGUCHI, Mana 所属/自閉症療育センターLink(療育)
大学での専攻/児童学科児童心理学
資格/臨床発達心理士・保育士・幼稚園教諭(第一種)

自閉症療育センターLink 私は自分の仕事に対して、非常にやりがいを感じ、誇りを持っています。
 私の仕事は、自閉症スペクトラムのお子さまとご家族が、地域でより豊かで幸せに暮らし、自尊心をもって自立した生活が送れることを目指して支援を行うことです。具体的な仕事内容としては、お子さまに対して発達検査等アセスメントを行い、個別支援計画の作成、個別療育、保護者への相談・研修などになります。また、その他にも地域の園や学校、関係機関の方への巡回指導や研修なども行っています。
保護者と “療育”と聞くと「子どもを訓練させて、苦手なことをできるように克服させる」と思われがちですが、療育での主な目的は“保護者支援”になります。まずは、子どもにとって一番身近な保護者の方が、我が子の障がい特性を正しく理解して、日常的に子どもにとって必要な支援が行われるようにサポートしていきます。そのために私達支援員は、障がいについての理解に留まらず、一人ひとり異なる子どもの特性を正しく理解して、それに合わせた支援を行えるようになることが必要です。また、それを保護者の方が理解し納得できるように、伝える力というのも必要となります。
  “発達障がい”は、外見からは困難さを理解しにくいが故に、間違った理解や対応をされてしまうことが多くあります。だからこそ、子ども達が正しく理解され、必要な支援を受けることができるように、保護者研修その子どもの抱える困り感を、関わる周りの大人達へ通訳していくことが私達の役割だと思っています。しかしながら、うまく伝わらない、伝えられないことや、支援が思うように進まなかったりと、様々な困難にぶち当たることがあります。そういった際、私達はその問題を一人で抱え込むのではなく、職場のチーム全体で共有して検討し、試行錯誤しながら協力して取り組んでいます。
 そういった中で見られる、“お子さま自身が「わかる!」「できる!」といった様々な成功経験から、自己肯定感や意欲が高まり自信を持って自立して動く様子”や、“保護者の方が我が子への理解が深まったことで、子育てのイライラや不安感が少しでも軽減され、ご家庭でも支援に取り組まれようとする様子”などは、それまでのどんな苦労や悩みをも吹き飛ばす程の、私自身のやりがいやパワーにもなっています。子どもを取り巻く無理解から起こる悪循環を、このようにポジティブで幸せなサイクルへと少しでも変えていくことができたらと願っています。
 最後に、就職活動をするにあったって学生の皆さんに伝えたいことは、「自分のことをよく知ること」“自己理解”の大切さです。学生の間に、沢山の経験を通して、自分自身の過去を振り返りながら、自分の興味関心や得意不得意などを知り、自分のやりたい、そして自分に合った、仕事や働き方を見つけてもらえたらと思います。
  一度しかない自分の人生です。自分で納得して自己選択すれば、きっとどんな択でも後悔はないと思います。応援しています!



Copyright (C) 2013 Hokusetsu suginokokai, All rights reserved.