Home
法人のご案内
各施設のご案内
松上利男の一言
お知らせ
プロジェクト
イベント・講座案内
採用情報
ボランティア募集
機関誌
リンク集
お問い合わせ
よどのコロッケ
カフェBe
HOME



平成27年度 年度方針

 
 
平成27年度社会福祉法人北摂杉の子会年度方針
○第3次中期5ヶ年計画の後半の3ヶ年計画においては、主要実施事項が複数年にまたがっているため、平成27年度は、基本的に平成26年度方針を継続するが、28年度での成果をも視野にいれて活動を更に強化する。(ワンモアディベロップ活動の推進)
〇今年も「現場力」「突破力」「提案力」を大切な合言葉として活動にとりくむ。

1.職員の安定確保と職員の育成
・職員の安定確保は、常勤、非常勤を問わず昨年よりも厳しい状況にあるが、すでに進めている「職員確保戦略案」を中心に職員の確保に努める。
・昨年ステップアップした職員研修を更に磨き上げ、職員の個の力の向上を目指す。

2.法人運営安定のため一定収益を確保
・報酬単価の改定が厳しい状況の中で、経営的には大変苦しい一年を迎えるが、全員が念いを一つにし、法人を挙げて、無駄の排除、経費の見直しなど合理的運営を進めることにより、一定の利益を確保する。
・支援の制度や体制の不十分な構造的赤字事業については、特に窓口の行政部門と協
働して、収益の改善に取り組む。

3.施設整備の推進
土地確保の難しさなどにより、計画が遅れているのは残念であるが、今年はそれぞれにつき、しっかりと目途をたてる。
・次期グループホーム(高槻地区、十三地区)の立ち上げ
・ジョブサイトひむろの移転(移転の具体案を提示して、行政と折衝)
・グループホームみやたの移転

4.工賃を創出できる仕事の確立(就労継続B型、就労継続A型)
・ポップコーン事業、チョコレート事業の導入による事業基盤の確立とA型事業への挑戦
・高槻地区における就労継続B型事業の整備と拠点の確保

5.発達障がい児・者支援ニーズの増大への対応
・アクトおおさかの役割の拡大
・児童療育事業の領域拡大と各市町村との連携強化
・発達障害のある大学生支援などを含む就労移行事業の更なる強化

6.利用者の重度・高齢化対策
・医療的ケア(喀痰、胃瘻)の検討推進
・利用者の入院などの対策としての居宅介護支援策の検討

7.法人の社会的責任
社会福祉法人の在り方が問われている中、法人外部からも内部からも、信頼され、安心される法人であり続けるために、更に組織の整備と運営の透明度を高める活動を進める。法令の順守は当然であるが、中でも「虐待防止」「サービス管理」の活動に注力する。

 



Copyright (C) 2015 Hokusetsu suginokokai, All rights reserved.