サポートセンターPASSO放課後等デイサービス事業

概要

名 称
サポートセンターPASSO
所在地
大阪市淀川区十三東1丁目1-6
TEL
(06)4862-5454
FAX
(06)4862-5454
アクセス
阪急十三駅より徒歩8分

事業所の経緯

平成 5年 自閉症児をもつ保護者が自主サークル「にこちゃんクラブ」を結成
平成 7年 大阪市住吉区長居で専任の療育スタッフを迎え「大阪TEACCH療育相談室」として、幼児・学齢期の子どもへの療育開始
平成12年 「NPO法人大阪自閉症支援センター」と名称変更
平成14年 社会福祉法人北摂杉の子会と合併し、「大阪自閉症支援センター」となる
平成17年 療育部門が大阪市より事業所指定を受け、「児童デイサービスセンターan」開所
平成18年 住吉区長居から淀川区十三東に移転
平成22年 大阪自閉症支援センター「PASSO」を開室し、本人支援・発達検査・相談事業開始
平成25年 法人の組織変更により、「大阪自閉症支援センター」から「研修相談支援室」へ名称変更
平成27年 小学校高学年から中高生対象の専門療育機関「サポートセンターPASSO」開所

 幼児・学齢期から青年・成人期に渡って一貫した支援サービスを提供する当法人の「大阪発達障害総合支援センター」の一部門として、4つの療育セン ター(児童デイサービスセンターan,自閉症療育センターwill,自閉症療育センターLink,子ども発達支援センターaz)や成人期の支援を担うジョブサイトよど・ジョブジョイントおおさか等と連携し、主として小学校高学年から中高生を対象にした事業を行っています。

平成24年度まではオアシス(自閉症スペクトラム児・者を支援する親の会)会員の方を対象にサービスを行っていましたが、平成25年度からはすべてのプログラムについて、会員外の申し込みも可能となりました。
なお、オアシスとは引き続き連携し、法人へのご支援も頂いております。オアシス会員の方には、会員価格でサービス提供させていただきます。

オアシス入会ご希望者はコチラまで

事業内容

1.専門療育

image3対象:大阪府在住の自閉症・発達障がい児(小学校4年生~高校3年生)
 ◎高機能自閉症・アスペルガー症候群のお子さんを中心に、
  個別の評価に基づき自己理解支援をします。
  必要に応じてライフスキルや告知プログラム、パワーコントロール、
  感情コントロールの指導を行います。
  グループ活動の中で余暇の開拓や社会性を育む活動もします。

利用料金:お住まいの市町村の障がい福祉課にて、
  通所受給者証の申請を行う必要があります。
  ◎放課後等デイサービス利用負担額とあわせて、
   別途個別専門プログラムによる利用料がかかります。image4

利用時間:月・火・水・木・金・(土) 
     ※日・祝日を除きます。

療育回数:年間18~20回程度(最大3年間利用継続可)

療育の流れ

※平成29年度の募集は終了いたしました

2.療育相談

家庭療育・学校・地域に関する様々なご相談に応じます。学校の先生や関係機関との連携をとることも可能です。
保護者さんだけで来所していただき相談に応じます。なお、近年、学校・園・施設などの担当者も同席いただき、支援方法を共通理解していただく機会になることが
多くなっております。image6

【主な相談内容】
・家庭・園や学校での問題行動や具体的な支援についての助言
・学齢期・青年成人期にわたる長期的な支援について
・思春期の問題について              など

3.発達検査

image7【実施している主な検査】
・PEP-3(自閉症・発達障害児教育診断検査三訂版)
・TTAP
(自閉症スペクトラムの移行アセスメントプロフィール)
・WAIS-Ⅲ(ウエクスラー式成人用知能検査第Ⅲ版)
近年、特にニーズの高いTTAPは、自閉症や発達障害のある青年たち、また、中学・高校に在籍の生徒たちに向けてのキャリア教育のための就労移行支援アセスメントツールとして最適です。10歳を超えたら就労支援を意識する観点を持つためにも、おすすめの検査となっております。

4.保護者研修(家族支援)

専門療育利用者のご家族向けに年間5回の学習会を実施しています。保護者の方がお子さんに対する理解を深め、思春期特有の課題や対応について学ぶことを目的としています。

【プログラム例】
・自閉症スペクトラム障がいの特性の理解と支援002
・家庭で大切にしてほしい支援 ~PASSOより~
・思春期をどう迎えるか? ~親子の関係、性の問題~
・自己理解と告知について考えよう
  ~医療・福祉・学校との連携~
・自立支援と就労(キャリア教育) ~福祉制度を知ろう!~

5.療育利用中・終了後のフォローアッププログラム

サポートセンターPASSOでの療育を利用中もしくは終了され、自己理解が深まった思春期・青年期の方を対象としたサービスもございます。

【PASSO相談】
学校や家庭、進路や心身のことなど、ご本人の悩みに関する相談に対応します。

【PASSOくらぶ】image15
余暇活動や社会性の開発、趣味の共有などを目的に年間数回、少人数でグループ活動を行います。
活動例…生き物くらぶ、科学発見くらぶ、料理くらぶ など

【就労準備プログラム】
療育時にキャリア教育を実施したうえで、当法人のジョブジョイントおおさか(就労移行支援事業)にて職場体験実習をします。P1110559